2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
竹取物語
- 2018/07/16(Mon) -
3連休の初日。
夕食後に電車で、筑前前原駅のすぐ近く、「丸太池公園」で開催されているイベントに
家族で行ってきました。


糸島竹取物語 ~想いをつむぐ竹あかり~

facebookの投稿で知ったイベントで、
主催は、糸島青年会議所、今年で4回目だそうです。
竹林整備で間伐した竹を加工した灯籠6000灯が公園中に広がり、
幻想的な明かりがとても綺麗です。




20180714_take11.jpg

20180714_take12.jpg

20180714_take13.jpg

20180714_take14.jpg

20180714_take16.jpg

20180714_take17.jpg

20180714_take18.jpg

20180714_take19.jpg

20180714_take20.jpg

20180714_take21.jpg

20180714_take24.jpg

ちょっと、こじんまりとしたイベントでした(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 何気ない日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
仕事終わりに
- 2018/07/16(Mon) -
仕事が終わって博多駅に向かっていると、
駅を目の前にして、なかなか交差点を渡る事ができず(笑)

博多は山笠週間でした。



20180711_yama01.jpg


別の日、仕事の途中で時間調整。
20180712_hi01.jpg

この記事のURL | 何気ない日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菅原神社
- 2018/07/06(Fri) -
英彦山からの帰り道、途中に神社はいくつもあったけど
この「菅原神社」の横を通り過ぎたときに、
何故か引き止められたように感じて、引き返していました。

菅原神社
田川郡添田町庄363-1
JR日田彦山線・西添田駅の近く、小さな山の中腹に鎮座しています。

帰ってから調べようとしたけど、
近くには同じ菅原神社が4箇所もあるのに、この神社は地図にも載っていませんでした。
なので、詳細がよくわかりません。

ご神木だと思われます。


20180617_hiko83.jpg

20180617_hiko85.jpg

20180617_hiko84.jpg

20180617_hiko86.jpg
この記事のURL | 何気ない日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
本の紹介
- 2018/07/06(Fri) -
またまた久しぶりになったけど、最近?読んだ本です。

■ソバニイルヨ
 これは、良かった。
 下にあるけど、最近、超有名になった「君たちはどう生きるか」、より私的には断然こっちの本が良かったです。
 勉強嫌いで周囲の友達に合わせながら毎日を何気なく過ごす主人公が、
 AIロボットに大切なものは何かを教えられながら変わっていく様子が描かれています。
 小説なんですが、中身は自己啓発の本です。




■おちゃめに100歳、寂聴さん
 66歳年下の秘書が寂聴さんの秘密を明かします。

■希望のレール
 廃線寸前のローカル路線を、鉄道好きの山田さんが再建していくお話し。
 隼駅には、毎年、SUZUKIの隼(大型バイク)が集まるイベントがあるらしい。

■天草エアラインの奇跡
 こちらは有名なお話ですね。

■海が見える家
 死んだ父の謎にせまる。
 波のうねりの音が、いつしか命の鼓動に変わる瞬間。

■あなた何様
 ・・・途中で読むのをやめました(笑) amazonの評価はいいのですがね。

20180615_hon02.jpg


■君たちはどう生きるか
 池上章さん推薦ですね。本屋に行くと、一番目立つところに飾られています。
 1937年に出版されたので、80年くらいも前の本です。
 勇気、いじめ、貧困、格差、教養など、今もなお続く人生のテーマを書いたもの。

■にんじん
 この本は、1894年に書かれたので、120年くらい前の本です。
 私が中学生の頃に、友達が読んでいたのを思い出したので買ってみました。
 その頃の私は、本なんていっさい読まないタイプでしたので、妙に記憶に残っています。
 にんじんとは、一番下の弟のアダナで、母親や父親、兄姉から精神的虐待を受けながら育ち
 精神的に追い詰められていく内容でした。
 読んでいても、なぜかやるせない気持ちになっていったのですが・・・
 本文を読み終えて、
 訳者あとがきに書かれた高野さんの解釈に、はっとさせられました。
 虐待を受けるにんじんのことが主体かと思ったら、実は虐待を行う母親の心理を考えさせるものだったのです。

20180218_hon01.jpg


■かみさまは小学5年生
 空の上の記憶を持ったまま育った女の子。

aaa_n.jpg
この記事のURL | 読んだ本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高住神社 -英彦山-
- 2018/06/24(Sun) -
英彦山のふもとにある、
天狗の神様をお祀りする、「高住神社」
1500年前、藤原恒雄によって創建された歴史の深い神社だそうです。

17日(日)、バイクで杷木~英彦山~飯塚と走ってきました。
九州北部豪雨から6年、杷木の状況が見たかったのと、
以前から行ってみたかった高住神社へのお参り。
高住神社は、英彦山に見られる山岳信仰の現れで
社殿が石にのめり込むような形で建てられており
とてもパワーを感じられる神社でした。

駐車場からの参道入り口です。


静かな木々の中を、階段を上がっていきます。
20180617_hiko05.jpg

20180617_hiko08.jpg

20180617_hiko10.jpg

20180617_hiko11.jpg

20180617_hiko14.jpg

20180617_hiko17.jpg

社殿にたどり着きました。
20180617_hiko19.jpg

社殿の裏に、そびえ立つ天狗岩。
20180617_hiko22.jpg

20180617_hiko20.jpg

20180617_hiko23.jpg

大天狗の霊水 豊前坊龍神
20180617_hiko24.jpg

20180617_hiko25.jpg

一応、ツーリングなので、バイクの写真(小さいけど)
ここは英彦山への登山口にもなっているので、駐車場もけっこういっぱいでした。
20180617_hiko02.jpg
この記事のURL | ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ