2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
雷山千如寺大悲王院
- 2017/12/11(Mon) -
12月2日 雷神社からの帰りに寄ってみました。
大カエデはすでに散っていると思ってましたが、入り口の銀杏の木は、見事でした。



20171202_sen03.jpg

大楓の紅葉がきれいなときは、ここは大渋滞します。
今年は報道ステーションでも中継があってましたね。
この日は、まったく渋滞はしていませんでしたが、それでも、たくさんの人が来てました。

20171202_sen04.jpg

はい、すべて散ってます。
20171202_sen08.jpg

ちょっとだけ、周辺も散歩しました。
20171202_sen05.jpg

20171202_sen06.jpg

20171202_sen07.jpg




====================================

年末。カメラの掃除。
HAKUBAのレンズペン、これいいですね。
レンズの汚れがきれいに取れます。

20171210_c01.jpg

20171210_c02.jpg

20171210_c05.jpg

20171210_y01.jpg

日曜日は寒い1日でした。

スポンサーサイト
この記事のURL | ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
糸島の雷神社
- 2017/12/06(Wed) -
雷神社(いかづちじんじゃ)(福岡県糸島市)
雷山(標高955m)の中腹に鎮座し、雷神宮(らいじんぐう)とも呼ばれる。



12月2日の土曜日、朝ちょっとだけバイクでツーリング。
昼からバレーボールだったので2時間で帰って来られる場所で探して、ここになりました。

かなり昔に来たことがあり、紅葉がとてもきれいでしたが、そのときは写真も撮っていませんでした。
今回は、ちょっと遅かったようです。

20171202_rai03.jpg

20171202_rai05.jpg

20171202_rai08.jpg

20171202_rai09.jpg

20171202_rai10.jpg

この記事のURL | ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐賀のエッフェル塔
- 2017/11/10(Fri) -
先週の続きです。
秋に咲くひまわりを見ての帰り、久しぶりに立ち寄ってみました。

道路脇にバイクを止めようとしたら、工場の敷地内で作業されていた方に
「中にとめて良いよ!」と声をかけていただきました。

「もしかして、馬場社長ですか?」と聞いたら、社長さん本人でした。
ゼロ戦のこと聞きたかったけど、
ちょうどお昼過ぎだったので迷惑かなと思い聞けませんでした。  残念。


馬場ボデーの馬場社長が5年をかけて完成させたエッフェル塔。
工場移転で初代の塔は解体されたが、「不況で暇だったから」と2代目の建設へ。
1999年に完成した塔は22メートルあり、本家のエッフェル塔には無い両脇の小タワーが付く。
実は、この小タワー、本家のエッフェル塔の改造計画の設計図を元に再現したものだが
本物は資金難で実現できなかったため、結果的に形が異なる塔となった。
さらに、映画「永遠の0」の撮影で使われたゼロ戦も、この馬場社長が作ったものです。




20171103_ef02.jpg

20171103_ef01.jpg

この記事のURL | ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
紅葉はもう少し先
- 2017/11/07(Tue) -
佐賀へ行く途中、お気に入りの場所へ。
紅葉まではもう少しでした。

20171103_ob05.jpg

20171103_ob02.jpg

20171103_ob03.jpg




この記事のURL | ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
秋に咲くひまわり
- 2017/11/03(Fri) -
今年も秋に咲くひまわりを見に、バイクでお出かけ。
写真は夏ではなく、今日(2017/11/03)の写真ですから!!

まだちょっと早くて3部咲きくらいでした。
でも、ケイトウの花とのコラボがとってもきれいでした。



20171103_Hima03.jpg

20171103_Hima04.jpg

20171103_Hima05.jpg

20171103_Hima06.jpg

20171103_Hima08.jpg

20171103_Hima09.jpg

20171103_Hima10.jpg

20171103_Hima11.jpg

この記事のURL | ツーリング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ