2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
なつかしい海
- 2017/08/28(Mon) -
天ヶ原 -壱岐市勝本町-

子供の頃、夏休みが始まると、毎日のように泳いでた海。
畑からトマトを契って、鉾と水中眼鏡を自転車に積み込んで、みんなで行くのが楽しみでした。

春には、磯の解禁で
ウニ、ガゼ(バフンウニ)、サザエ、トコブシなどを捕って食べると、ほんとに旨い。

でも、ひじきを取るのは大変でした。

なつかしいな。



20170812_ikiKa02.jpg

20170812_ikiKa06.jpg

20170812_ikiKa08.jpg

20170812_ikiKa09.jpg

20170812_ikiKa10.jpg

20170812_ikiKa11.jpg

20170812_ikiKa14.jpg

20170812_ikiKa15.jpg

20170812_ikiKa16.jpg

20170812_ikiKa17.jpg

20170812_ikiKa19.jpg

20170812_ikiKa21.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 壱岐の島のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
八大龍王神社 壱岐
- 2017/08/15(Tue) -
お盆、11日~13日で壱岐に帰省。
最近、龍に関する神社が気になっていて、壱岐のことも調べてました。
最初に見つけたのが、この「八大龍王神社」。
有名なところでは、熊本(菊池)ですが、福岡市にも、この壱岐にも存在してました。

ここは、鳥居と祠があるだけの小さな神社でした。


20170812_ikiHa03.jpg

すぐ隣の浜辺に行くと、打ち寄せる波の音がすごかったです。
そして波が引くときに、ゴロゴロ~という龍がうなるような音が・・・
誰もいないこの場所に響き渡ってました。
20170812_ikiHa06.jpg

20170812_ikiHa07.jpg

20170812_ikiHa01.jpg

この記事のURL | 壱岐の島のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
壱岐いろいろ
- 2015/08/25(Tue) -
ふるさと、壱岐へ⑤

今回の帰省は、6日の夜11時に壱岐に到着するフェリーで行き
9日の朝一番のジェットフォイルで博多に戻ってきました。
移動日を除けば、2日間、田舎を満喫したことになります。
暑くて暑くて、結局は、墓掃除と写真を撮るために周りました。

ここは、「里浜海水浴場」を出て、「壱岐出会いの村」近く、小牧を眺める景色です。


勝本のほうから湯の本に下る途中。
1枚目と同じように、壱岐ではこういう景色はたくさん見られます。
20150808_iki22.jpg

湯の本を通り過ぎ、里浜海水浴場に向かう途中。
猿岩のほうを眺めています。
20150808_iki32.jpg

20150808_iki33.jpg

20150808_iki35.jpg

小さな島ですから、ちょっと走るとすぐに海岸沿いになります。
なので、同じような景色になるんでしょうね。
海から上る太陽、海に沈む太陽があたりまえの生活でした。


こちらは、私も母校(小学校)です。
生徒数もかなり減ったそうです。
20150808_kasui02.jpg

ここには相撲場(土俵)があります。
土俵がある小学校は、珍しいのでしょうか?
子供の頃、相撲大会とかもあって、私は地区代表だったりもします。優勝しました。
なつかしいな・・・
20150808_kasui01.jpg

今回の壱岐の旅はこれで終わり。
実家は、そろそろ稲刈りシーズンに入ります。何も手伝いせずに申し訳ない。
また、違う季節に帰りたいなと。

この記事のURL | 壱岐の島のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
やっぱり海
- 2015/08/24(Mon) -
ふるさと、壱岐へ④

壱岐にはたくさんの海水浴場があります。
ココ、「里浜海水浴場」のことは、始めて知りました。
遠浅で、透き通っていて、泳ぐ人も少ない。
こんなきれいな場所があったとは。



20150808_satohama02.jpg

20150808_satohama04.jpg

20150808_satohama05.jpg

20150808_satohama07.jpg

20150808_satohama10.jpg

砂浜から見て、右側が「猿岩」、左が「小牧」。
どちらもよく行っていた場所ですが、間にある砂浜には気づきませんでした。

この記事のURL | 壱岐の島のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古きよき時代
- 2015/08/20(Thu) -
ふるさと、壱岐へ③

長崎県で2番目に広い平野である深江田原を走っていると現れる、この風景。
原の辻遺跡。


原の辻遺跡は弥生時代の環濠集落で、『魏志』倭人伝に記された「一支国(いきこく)」の王都に特定された遺跡。
国の特別史跡に指定されています。
ちなみに、日本で弥生時代の遺跡として特別史跡に指定されているのは、
ここと、登呂遺跡(静岡県)、吉野ヶ里遺跡(佐賀県)の3箇所です。

20150807_iki33.jpg

道路沿いから、入って写真を撮りました。
というか、自由に入れる。
弥生時代にタイムスリップです。







次は江戸時代?へ
「風土記の丘」です。

20150808_fudoki23.jpg

昔の民家を再現しています。
藁葺きの家。壱岐の田舎で特徴の作りになっています。
20150808_fudoki22.jpg

20150808_fudoki17.jpg

20150808_fudoki11.jpg

本家と隠居、そして、うしのまや(牛小屋)

20150808_fudoki13.jpg

20150808_fudoki14.jpg


小学生の頃、同級生の家に遊びに行きました。
ココ、実は、その家を移築した物なんです。
なつかしい・・・


入場料100円。
誰もいなかったし、係りの人もいなかったので
セルフタイマーで写真を撮ってみました。

20150808_fudoki05.jpg

モノクロ
20150808_fudoki07.jpg

壱岐は、海だけじゃないんです。
この記事のURL | 壱岐の島のこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ