FC2ブログ

未来を書く

読んだ本
09 /04 2008


某有名外資系コンピュータ会社に就職した著者だが、落ちこぼれサラリーマンのレッテルを貼られてしまった。
3年が経過したときに、上司に辞表を提出したが、受け入れられず、そこから1冊のノートをつけ始め、
以来、19年間、この未来ノートを書き続けている。
起業する、という未来ノートを書き、その実現に向けて自分が実行しなければならないこと
問題点の解決方法などを、細かく記入、実行することでその未来は現実のものとなった。
現在では、従業員1900名、年商80億円にまで成長させた。


私も日々のスケジュールについてはPC上とスケジュール帳で管理しています。
が、それは、単に、いつ何をするか?ということ。
突然の来訪やアポイントの電話、トラブル、上司からの資料作成依頼やメンバーからの相談等など…
日々作業に追われている状態で、自分が何をして何を身に付けているのかわからない状態が
続いています。
こういう中で、スケジュール管理をしっかりしてモレが無いようにすることはもちろん
自分が成長するための作業、得た知識、疑問点などをしっかり記載することは大事だと思いました。
しかし、著者が言うだけのノートを付けるというのは、不可能に近いですね。
でも何もしないよりは、少しでも書くことによって得られるものはあると思います。
目標や夢を思うだけでは意味がない。
目標や夢を書き出し、実現するための具体的な行動予定を書き、実行していってこそ
現実になっていくものだと思います。
たとえ実現できなくても、反省点や改善点も、そこから出てくるのではないでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

未来のメモはしてないけれど
妄想はよくしてます^^;;

凹んだときに感じた言葉や思いは
書き留めておいたりしてます。
自分の撮った写真にハマったら
その言葉と一緒に載せたいかなって・・・
ある意味、未来メモ?かも(笑

涼しい季節になってきたので
読書には適してますね♪
私も新しい職場で頑張らなくちゃ☆

To yumiさん
写真にちょっとだけ言葉が付いていると
自分自身だと、写真を撮ったときの思いや気持ち
他人からしても、その写真の持つオーラみたいなものを感じることができますね。
写真だけだと、見た人の感じ方でいろんな物になるでしょう。
私は人の写真を見ると、その人が撮ったときの風景や
気持ちや感じたことを想像したりしてしまいます。

新規一転、がんばってくださいね。

sora

のんびりツーリング From 福岡