FC2ブログ

手紙

読んだ本
11 /29 2008


本田宗一郎氏の本はこれで2冊目です。
この本は、もう15年も前の本です。会社の本棚にあるのを読みました。
(昨年には、同じ内容で再販されているようです)
がんこ親父で厳しいけれど誰からも慕われ、何も恐れずにトライしてきた
ゆえにホンダという会社がこれほど成長したのだと思います。
1%の成功は99%の失敗のおかげで成し遂げられるもの、だから、失敗は許される。
定年退職するときに、「大過なく過ごさせていただきまして…」なんて挨拶して
去るものがいるようだが、そんなことだけは言わないでくれ。
「誤りもずいぶんしましたが、こういう大きな仕事もしました」と言えるような
人間であってほしい。
そんなメッセージが綴られています。


20081129_hon32.jpg

-------------------------------------------------------------------------
本とは関係ないですが…

あなたはどのタイプの人間ですか?

徳川家康・ 鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす
豊臣秀吉・ 鳴かぬなら 鳴かせてみよう ほととぎす
織田信長・ 鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす

八百人の経営者を集め、「あなたはどのタイプですか」と聞いたところ、
たった二人だけ、自分はどのタイプでもない、と答えた経営者がいました。

「鳴かぬなら それもまたよし ほととぎす」
松下幸之助氏です。有名ですよね。

もう一人。
「私は俳人ではないのでうまく詠むことはできないが、
その三つのタイプには入らない。」
本田宗一郎氏です。

人は選択肢を与えられるとその中から選ぼうとし、他の可能性を消してしまいます。
ふたりは既成概念にとらわれることなく、自ら答えを出すことができる人物でした。
だからこそ日本を代表する経営者にまで成り得たのでしょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

sora

のんびりツーリング From 福岡