2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
不屈のドラマ
- 2009/05/09(Sat) -
世紀の難工事に挑む、瀬戸大橋を作り上げた男達の不屈のドラマ(DVD)を見ました。
昭和30年、瀬戸内海で修学旅行生を乗せた連絡船、紫雲丸が沈没事故を起こし、
100人近い子供たちが亡くなったそうです。
それから、瀬戸内海に橋をかけてほしい、と四国各地から切実な声が巻き起こりました。

昭和45年に国は瀬戸内海に橋を架けることを決め、プロジェクトのリーダーとして
杉田秀夫氏を迎えたのです。調査当日、杉田氏は潜水スーツに自ら率先して着替え
海に飛び込み、海底調査を行いました。
そのとき、瀬戸内の海を知り尽くした人間が必要だと確信し、メンバーに加えたのが、
昭和30年の紫雲丸の沈没事故で、沈んだ船、遺体を引き揚げた潜水夫、飯島靖郎氏でした。
オイルショックの影響から計画が中止、5,000人集まったメンバーも35人だけ残され
調査や準備を行い、昭和53年にプロジェクト再開がとなります。
それから橋の土台(ケーソン)を組み上げるまでの苦悩と
「男が惚れる男」と呼ばれた杉田秀夫氏の生き様が語られて行きます。
(これから、この本やDVDを見る方も居られるので、内容はこれくらいにしておきます)

昭和63年、10年の歳月をかけて完成した橋を10万人の人たちが橋を歩いて渡ったそうです。
その中には、紫雲丸沈没事故で失った我が子の写真を抱きながら歩くご両親の姿もあったそうです。

今年のゴールデンウィーク、ETC割引もあってたくさんの人たちがこの瀬戸大橋を渡ったと思います。
このすばらしい橋を作り上げるために、熱い情熱を持ち、使命感に燃え、
プロのとしてあらゆる障害を乗り越えてプロジェクトを成功に導いた男達が居たということを
思い出しながら、いつかここを走ってみたいですね。

スポンサーサイト
この記事のURL | 何気ない日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<まとめてUP | メイン | お祝い事>>
コメント
- -

瀬戸大橋にはそんな話があったとは知りませんでした。
嫁と結婚前ドライブで渡りましたが、スケールの大きな橋でした。
今度通る機会があれば、この話を思い出しながら通りたいと思います。
ところで、関門海峡に第2関門橋の話があるみたいですね?あれが出来たらぜひ通ってみたいです。
2009/05/10 09:00  | URL | 本郷たかし #-[ 編集] |  ▲ top

- -

PT-Xでしょうか?同番組では,黒四ダムへの挑戦もやっていましたね。3月にフジTVで黒部の太陽を放送していたようですが,石原裕次郎主演の映画のほうを見てみたいですね。
2009/05/10 17:47  | URL | 鈍足親父 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

私はNHKの某番組と、漫画形式?の本で読みました。
クロヨン(ダム)も凄まじい建設だった様ですが、瀬戸大橋も本当に想像を絶する難工事だった様ですね。
soraさんも一度お越し下さい。
渡ればほんの15分程度ですが、岡山側からの眺めは壮観です。(よくこんなモノ造ったな、と)

2009/05/10 21:09  | URL | s_boldor #1pePe9AQ[ 編集] |  ▲ top

- To 本郷たかしさん -

このDVDを見て、私も始めて知りました。
本郷たかしさんは、渡ったことがあるのですね。
また渡る機会があれば、思い出してみてください。
第2関門橋、ネットで調べてみると、かなり前から話題になってますね。
しかし、具体的な話がでてきません。期待薄いような気が…
2009/05/10 22:03  | URL | sora #-[ 編集] |  ▲ top

- To 鈍足親父さん -

PT-XのDVDです。
会社で休日を利用していろんな勉強会をやってて
その中で今回はこのDVDを見ました。
黒四ダムもあったような気がします。
香取慎吾さんのドラマですね。見ましたがちょっと迫力が。
2009/05/10 22:03  | URL | sora #-[ 編集] |  ▲ top

- To s_boldorさん -

そのNHKの番組のDVDです。漫画もありますね。
一部脚色もされていると思いますが、
普通に考えても、あれだけ巨大な土台を海の中に作るのですから
大変だったと思います。
是非、一度は渡ってみたいのですが、やっぱり遠いですから。
角島なら簡単に行けるのですが(笑)
2009/05/10 22:04  | URL | sora #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sora429.blog67.fc2.com/tb.php/239-19b05ec1
| メイン |