FC2ブログ

跡取り娘の体当たり経営改革

読んだ本
06 /04 2009

古い体質だった社内を徹底的に改革して、ひと昔前までは「オヤジたちの安価なビール代替飲料」
でしかなかったホッピーを、若者や女性にまで支持されるオシャレなアルコールとして大躍進させ、
5年間で年商3倍、年30%の増益を果たした「お騒がせ看板娘」の成功秘話。

私は、ホッピーという飲み物は始めて知りました。
東京を中心に販売されているアルコール(ビール?)飲料だとのことです。
自分が長年勤めている会社に、突然入ってきた若者が社長になったらどうでしょう。
おそらく、お互いに上手くいかなくなると思います。
しかし、成長が止まってしまった企業には、そういう新しいものが必要なのです。
さらに、中小企業経営のカリスマ、小山昇氏がバックについたことで
このホッピービバレッジは大きく成長することができました。
経営の原点を知ることができる本だと思います。


20090604_tamasi.jpg
ふぐ屋のおっさんが命懸けて起こした奇跡、業界の革命児といわれた山口聖二が遺した関門海。
主亡き後、今なお改革し続ける、研究開発型外食企業、関門海の急成長を記した経営論

この会社を起業した山口氏のエピソードは、ほんとにすごい。
というか、メチャクチャなことをやっています。
それでも、面倒見が良く、何事も即座に行動に移す、これが成功した秘訣でしょう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

sora

のんびりツーリング From 福岡