FC2ブログ

芸能人ではなく経営者です

読んだ本
09 /09 2009


田中義剛さんが経営する花畑牧場、その生キャラメルと言えば
皆さんご存知だと思います。食べたことがある人も多いのではないでしょうか。
北海道のお土産と言えば、石屋製菓の「白い恋人」、ロイズの生チョコ、六花亭のマルセイバターサンド
の3つが定番(シェア率95%)でしたが、この市場に無謀にも田中義剛さんが割り込んで来るのです。
それなりの戦略と実行力がなければ、決して上手くいかなかったでしょう。
2008年では、花畑牧場が30%強のシェア、白い恋人についで僅差の2位だったそうです。
経営について田中義剛さんの本気度が伝わってくる本でした。


20090909_nihon.jpg

日本理化学工業、伊那食品工業、中村ブレイス、柳月、杉山フルーツの5社が取り上げられています。
どこもすばらしい会社です。
経営が上手くいっていない会社の経営者が言う台詞は
「景気が悪い」
「政策が悪い」
「規模が小さい」
「ロケーションが悪い」
「業種が悪い」
「いい人材に恵まれない」
など、しかしそんなことは関係ないのです。

社員の7割が障害者の会社、「日本理化学工業」は
障害者の方が安心して働けるようにと、
人を工程に合わせるのではなく、工程を人に合わせるようにしました。

日本でいちばん過疎化が進んでいると言われる島根県、
そのなかでももっとも辺鄙(へんぴ)な場所にある「中村ブレイス」は
大都市からわざわざ就職にくる社員が多いそうです。

120店舗ほどのうち半分はシャッターが下りた商店街にある杉山フルーツは
家族5人ぐらいで営業している小さな個人商店です。
ここが2億近い売上を稼いでいるとしたら、すごいことですよね。
店の規模でもロケーションでもないのです。

こういった企業の経営者は、社員とその家族のため、地域社会のために
会社経営をやっています。
この本には、これらの企業の理念や創業からの成長の記録がかかれており
大変勉強になりました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

sora

のんびりツーリング From 福岡