FC2ブログ

前向きな女性

読んだ本
12 /06 2009


日本中を感動の渦に巻き込んだ感動のベストセラー『裸でも生きる』のシリーズ第二弾!
最初の本では、著者の小さい頃から起業するまでの壮絶な生き方が書かれていました。
--
小学校で壮絶なイジメにあい、中学校で非行に走り、強くなりたいと男子だけの柔道部へ入部、
そして偏差値40の高校から3ヵ月で慶應大学合格。インターンで訪れた国際機関で国際援助の矛盾を感じ、
自ら現場を知って途上国の貧困を救おうと、単身バングラデシュに渡り起業。
--

そして、今回の第2弾は、
またまた波乱万丈、それでも、挫けずにがんばってきた著者の根性はすばらしいものです。

エピローグに書かれていた言葉。
 何かを始めるのは難しい。
 けれど、始めたことを続けるのはもっと難しい。
 そして、「続ける」ことで生まれたものは、
 それを築くことに費やした年数や汗や涙と同じくらいの強さを持って継続すると信じたい。



本当に感動する本です。
『裸でも生きる』、『裸でも生きる2』ともに、元気をもらえる本です。
是非、読んでいただきたい。


彼女がアジア最貧国で検索し訪れたバングラデシュ、そこで生産を始めたバックは
ブランドのバックに負けない売上をあげています。
福岡にも支店があり、来週は山口さんも店頭に来られるみたいですね。

マザーハウス

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

sora

のんびりツーリング From 福岡