FC2ブログ

一支国博物館

何気ない日記
07 /22 2010

一支国博物館の展望室からの眺め。

壱岐市立一支(いき)国博物館は、2010年3月14日に開館した博物館で、
原の辻遺跡や壱岐島内の遺跡に関する資料や出土品を収蔵展示しています。

この建物は黒川紀章さんが設計したもので、丸みがあっておもしろい形、
目の前には長崎県で2番目に広い深江田原が広がります。

3連休でそれなりにお客もいましたが、今後はどうなんでしょうね。
修学旅行生狙いでしょうか。

20100717_10.jpg
実家で撮った星空です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんわ^^

うーーーーん 広大ですね
日本じゃないみたいです。

To さとんさん

長崎には平野が少ないので、ここは2番目の広さなんです。
日本じゃないように見えるのは手前の建物のせい?
今回は天気が良すぎて、バテそうでした。

なんか1枚目の写真、鉄腕アトムが頭に浮かびました
近未来的ですよね

二枚目は小学生のころ広島の修学旅行で見た星空にそっくりです
ああ懐かしい

To しょーへーさん

鉄腕アトムで、近未来的。
なんか微妙な表現?
星空はきれいですよ。
といいたいところですが、私はあまり眼がよくないので
実際にはこんなに見えません。
写真で見てビックリ。
小さい頃にはこれだけ見えてたんですがね。

sora

のんびりツーリング From 福岡