2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
タイトルに惹かれて
- 2011/08/07(Sun) -

久しぶりの本の紹介。
忙しくてなかなか読む時間もなかったのですが、
東京出張のときには、移動時間の暇つぶしのために読んでました。

-君がくれた未来-
誰からも愛されていた仲良しの兄弟のチャーリーとサム。
チャーリーが15歳のある夜、2人は自動車事故に遭い、死地をさまようが、兄のチャーリーだけが生き返った。
彼は亡くなった弟の魂を守るために、墓地の番人となる。それから13年後、毎日弟の幽霊と同じ時間、
同じ場所でキャッチボールをしていた彼の前に、不思議な女性が現れて…。
全米ベストセラーとなった傑作スピリチュアル・ファンタジー(amazonより)

前半は、淡々と話が進んでいき退屈さを感じましたが、後半から面白くなってきました。
登場人物が、生きた人?死んだ人?と訳わからなくなったり。
最後まで、どうなったのとわくわくしながら読み終わりました。


20110807_02.jpg
島田紳介さんの言葉とブッダの言葉。
どちらもいろいろな思いを考えさせられます。
ブッダの言葉に意義を唱える人はいないでしょうが、紳助さんにはいろいろと言う人がいるみたいですね。
紳助さんの今は、かなりの努力があってからこそではないでしょうか。


夢を叶える人が絶対に言わない言葉 「~さえあれば」
 ・才能さえあれば、ミュージシャンになれたのに
 ・もう一度学生に戻れたら、絶対にサボらないで勉強するのに
 こういう人は、才能があったとしても、学生に戻れたとしても、また別の「~さえあれば」という
 言い訳を見つけ出しウジウジするでしょう。


子供のとき、「大人になったらこうしたい」という夢や希望がありました。
あのときは、今すぐできない理由がありました。
それは子供だということ。
しかし、大人になった今、躊躇する理由は何もないのです。
今度は、スタートを切れない理由を探しているのです。
思い立ったときが、一番エネルギーのある状態です。

ブッダの言葉と紳助さんの言葉です。




20110807_01.jpg
八日目の蝉。
おもしろくていっきに読んでしまいました。

蝉は地上に出てきてから7日で死んでしまいます。
仲間が7日で死んでいくなか、8日目まで生き残った蝉は、幸せなのか不幸なのか。

スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<緑のカーテン | メイン | 歩かない散歩>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sora429.blog67.fc2.com/tb.php/457-9f78c006
| メイン |