2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
紅葉前の耶馬溪へ №3
- 2013/10/18(Fri) -
次の行き先は「羅漢寺」。


龍岩寺を出て、387号に戻り、青の洞門方面に走ります。
耶馬溪周辺は、至る箇所で奇岩が見えますが、
途中で、下の写真のような、山の崖に何かが見えてきました。
ナビを見ると、明らかに、あの場所を指しています。

下の写真、左側の山肌の部分と右側の山肌部分に何やら見えますね。


もう少し近づいて見ると、崖が切り開かれ、お堂が見えます。
これが、羅漢寺か? と思いながらも、何か違う。駐車場にも車はいません。
20131014_32.jpg


こっち側はどうだ?(最初の写真の右側です)
20131014_33a.jpg

リフトも見える…
20131014_33b.jpg


ということで、この山の下まで走ると、お土産やさんもあり駐車場も満車でした。
なんとかバイクを隅っこに止めて、この坂を登りますが…
しばらく登ると、先ほどのリフト乗り場があり、歩いて登るかリフトかの選択を迫られます。

羅漢寺まで、往復700円、頂上まで往復800円、片道500円。
帰りは、歩くのも楽しいだろうと、片道500円を選択(笑)

20131014_34.jpg


リフトの中間駅で降りて、羅漢寺を目指します。
まずは、岩をくり抜いた道。崖の上なので、周りは険しいです。

20131014_35.jpg

右側は、崖となっています。
20131014_36.jpg

千体地蔵が見えてきました。
20131014_37.jpg

千体地蔵、この中にたくさんの石仏。
20131014_38.jpg

中の写真を撮ると、このように石仏がたくさんあります。
20131014_39.jpg

20131014_40.jpg

20131014_41b.jpg


山の岩にはめこむように造られた山門です。
20131014_41a.jpg

山門(羅漢寺の入り口)をくぐると無漏窟(むろくつ)があります。
無漏窟とは煩悩がない境地の大きな岩屋です
この中に、五百羅漢が安置されています
20131014_42.jpg

20131014_44.jpg

中に入ると五百羅漢があります。
20131014_45.jpg

20131014_46.jpg


五百羅漢の横から奥に行くと羅漢寺の本堂があります。
20131014_43.jpg

この本堂も岩の中に建てられています。
20131014_47.jpg


この前に行った「龍岩寺」もすごいと思いましたが
この「羅漢寺」は、比べ物にならないくらいすごかったです。
こんな山の上、それも崖の中にこれだけの建物を建てて、3770体もの石仏を見れるのは
それほど無いのではないでしょうか。
後で調べてみると、日本三大五百羅漢の一つだそうですね。


さて、人の波はリフトに向かっていますが
私は歩いて降りますよ。

仁王門がありました。
20131014_49.jpg
室町時代に建立され、門の天井には当時の将軍、足利義満より送られた 「羅漢護国禅寺」の表札があります


ここは、是非、見ていただきたい場所ですね。
お勧めします。



羅漢寺を出てからは、一目八景を通り、玖珠ICも過ぎて長者原。
20131014_s52_03.jpg

20131014_s53_04.jpg

20131014_s54_21.jpg

もうすっかり秋ですね。
ススキがなんともいい雰囲気をかもし出しています。
寒くなる前に、次はどこへ行こうか?
スポンサーサイト
この記事のURL | ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<どんぐり | メイン | 紅葉前の耶馬溪へ №2>>
コメント
- -

羅漢寺も又凄い場所に作られているんですね。
ここも写真を見ているだけで足が震えて来そうです。
しかし、一度は行ってみたい場所になりましたので、何時ぞや計画したいと思います。
又、別のお勧めスポットがあれば教えて下さい。
2013/10/23 11:08  | URL | shun #-[ 編集] |  ▲ top

- To shunさん -

羅漢寺はすごかったですね。
是非、見てもらいたい場所です。
紅葉の時期は渋滞すると思いますので、それ以外で是非!
2013/10/23 19:08  | URL | sora #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sora429.blog67.fc2.com/tb.php/647-0aaa1300
| メイン |